Brand: VANTIYAUS
Product Code: zp00088
Availability: In Stock
$18.99
Ex Tax: $18.99
  • ドライフィルムはDRY FLIMとも言い、一般に回路形成に使用される銅の他、SUS、42アロイ、インバー材などに使用可能です。銅の場合、無電解銅、電解銅、圧延銅、スパッタ銅などに適用可能です。
  • 優れた高解像密着性を持っています一方、剥離分散性良好、低発泡、耐エッチング性も良好です。
  • ドライフィルムの構造はカバーPEフィルム、レジスト層とベースPETフィルムからなる。
  • 推薦保管条件:保管は5~20°C、60%RH以下の冷暗所で保管をお願い致します。
  • サイス:5M*30CM

    高品質ドライフィルム、感光性ドライフィルム(PCB回路用 フォトレジストシート用)、熱転写プリント基板の交換用 規格5M*30cm 
    番号:729910302997

    説明: 
    ドライフィルムとは、簡単に言いますと「感光材がフィルムになったもの」です。基板を自作した事のある方はよくご存知だと思いますが、感光基板と呼ばれる基板が市販されています。これはパターン形成の作業が行いやすいように、もともと銅箔に感光材が塗布されています。しかし感光基板は高価であることと、保管が面倒であることから、工場では感光基板を使用せず、感光剤としてドライフィルムを使用します。 

    使用プロセス: 
    1.前処理:基材の銅を酸洗浄などにより清浄化します。 
    2.ラミネート:ラミネートで基材にドライフィルムを貼り合わせます。 
    3.露光:露光機およびパターンマスクを用いて設計された。パターンで露光します。 
    4.現像・リンス:未露光部のレジストを除去(解像)します。 
    5.エッチング:エッチング液により、解像部の銅を除去し、回路パターンを形成します。 
    6.ドライフィルム剥離:ドライフィルムを苛性ソーダ等で剥離し、回路パターンが完成します。 

    取扱注意点: 製品は保管は5~20°C、60%RH以下の冷暗所で保管をお願い致します。 冷蔵庫で保管した場合はご使用の前にクリーンルーム内にしばらく放置し、ドライフィルムの結露を避けて下さい。 ドライフィルムは自然光下で感光しますので、イエローランプ下で取り扱いをお願い致します。 ラミネート、露光前に基材を保管する場合は、黒ポリなどで遮光頂くことを推奨致します。 

    パッケージ内容: 
    5m x 30cm の感光性ドライフィルム

Write a review

Note: HTML is not translated!